消費税10%になるとどのくらい変わる?

こんにちは、林です。


いよいよ消費税が来年2019年10月に、10%に引き上げられる予定です。

人生で最も大きな買い物になるマイホーム購入やリフォームには、10%になっても受けられる軽減措置もありますので今回お話しします。



現在の消費税率は8%。

消費税が2%変わると新築の場合どのくらい変わるのでしょう。

まず、新築は土地代・建物代・諸経費に大きく分かれます。

土地代に関しては、消費税がかかりません。


建物代が仮に1,500万円(税別)とした場合、

8%だと消費税が120万。10%だと150万となり同じ建物なのに消費税を30万円負担する事になります。



では、いつまでなら8%で購入できるのでしょうか?

新築の場合もリフォームの場合も同じです。


●2019年9月30日までに工事完了(引渡し)をするとその時点の税率8%。


●税率が引き上げられる半年前にあたる2019年3月31日までに契約したものには経過措置が適用され、引渡しが増税後になっても「8%」が適用されます。

※追加工事やその後契約外の外構工事、家具家電購入はその時点の税率になってしまいます。。


増税前直前にリフォーム工事を実施する場合、工事の集中や天候等により工事が遅れ、工事完了(引渡し)時期が10月以降となり、「10%」が適用される可能性があります。そのため、増税前にリフォームを検討している人は早めに計画を立てておくとよいでしょう。もちろん新築の場合も色々準備期間も含め、余裕を持った計画を立てる必要があります。



10%になっても負担を軽減する政策もあります!すまい給付金や贈与税の非課税枠が広がりますので8%で買うのか10%で買うのか。大きな買い物になりますしタイミングもあると思います。どちらが自分達にとって有利なのかを検討すると良いですね。



駆け込みも考えられますので、まだ来年だし・・と思わず早めの動きが大切だと思います。





#注文住宅 #リフォーム #家 #新築 #増税


▶◀---------------------------------

注文住宅|リフォーム|外構

太陽光発電のご相談は、

千葉県旭市にある工務店

ケンシン設計までお気軽に♪

0120(82)5520

---------------------------------▶◀

0件のコメント

最新記事

すべて表示